2017年12月7日

 

まず初めに遺品整理について簡単にご説明させて頂きます。

 

遺品整理とは故人が残した品を整理または処分する事です。

本来ならば遺族がこの作業を行うのですが、高齢化世帯や独り身の方が多いので、自分達で行えないケースが増えているのです。

そこで遺品整理専門の業者がいて、遺族の許可を得た上で遺族が残す品、処分する品に分かられるのです。

 

つまり遺品整理と不要品回収業者は全く違うのです。

全ての遺品をキレイに整理する事を遺品整理というのです。

 

 

 

以上が遺品整理の簡単な説明になります。

 

当社便利屋チャレンシャーも遺品整理のご依頼を頂いております。

そもそも遺品整理のサービスは行っていなかったのですが、リピーターのお客様からのご相談で始めたのが最初です。

信頼関係で繋がっているお客様でしたので断らず、色々勉強してから業務を行いましたが、不要品回収とは全く違う物だと痛感しました。

 

残す品も一つずつ丁寧に整頓して残しておかなければなりません。

捨てる品に関しても、遺族の方に確認しなければいけないのです。

品物一つ一つにそれぞれ思い出があり、それを眺めているお客様も懐かしい気持ちと現実を受け入れたくない気持ちで大変だと感じました。

 

自分で遺品整理をやりたくても気持ち的に辛くてできないという事もあるのでしょう。

そんな時は便利屋チャレンシャーにお任せ下さい。

当然、故人や遺族の気持ちを大切に真心こめて整理致しますので、失礼のないように真摯に対応させて頂きますのでお任せ下さい。

少しでも遺族の負担を軽くし、穏やかな生活が送れるように真心を込めて作業致します。

 

 

当社が作業を行っている際にお客様も一緒にいて頂きたいのですが、どうしても都合が悪かったり、忙しいお客様もいらっしゃいますので、その時は遠慮なくお申し付け下さい。

 

遺品整理は肉体的にも精神的にも辛い作業ですので、誤解を恐れずに言えばお客様ご本人様よりプロの業者が行う方が時間も精神的にも良いと思います。

 

中には大きな家具や家電なども御座います。

その荷物を捨てる場合にはお金がかかってしまいますが、当社であれば捨てる物でも売れる物は業者にお売り致します。

 

 

当社が請け負った中で最も多いのが、故人が一人暮らしの方の場合は食器棚やタンスやテレビなどが不要となる事ですが、これを一人で処分しようとするとまず無理でしょう。

 

 

自分達で行うメリットは費用を抑えられ、遺品整理を通じて心を整理する事ができるのです。

逆にデメリットは思い出の品に触れるので、辛い気持ちが甦ってしまう。

物が大量にある場合には運搬用のトラックなどを借りなければならない。

 

 

遺品整理業者に依頼するメリットは、経験豊富なスタッフに任せる事でスムーズに作業を進める事ができます。

仕分けから回収まで全て頼めるし、仕分けだけ自分達で行い、処分だけ業者に任せたいなども可能で作業内容によって適切な業者を選ぶことができます。

逆にデメリットは費用がかかることだけです。

 

 

お客様のご状況と一番合っている方法を選択するのが正しいと思います。

 

また遺品整理の業者にはサービス内容、品質、料金などかなりバラバラです。

ですが料金が高ければ良いという訳ではなく、安くても良い遺品整理の業者は沢山御座います。

料金的にも良く、仕事内容も良い業者をお探しならば便利屋チャレンシャーまでご相談下さい。

電話だけでは遺品の量や品が分からないので正確なお見積りはお出しできませんので、一度現場を見せて頂かなければなりませんので、ご了承お願い致します。

 

遺品整理業者とのトラブルで最も多いのが料金の問題です。

私達チャレンジャーは現場を見た後でお見積り致しますので、お見積り以上の金額がかかる事は御座いませんので安心して頂ければ幸いです。

 

遺品整理は便利屋チャレンシャーまでご相談下さい。